究極な中国語学習法|中国語教室なら大阪・梅田や神戸・三宮にある【鳳凰中国語学院】

中国語教室 大阪梅田 神戸三宮 中国語会話 中国スクール 中国語専科 短期集中講座 ビジネス中国語 企業研修・講師派遣 中国語検定・HSK 中国語通訳翻訳
真剣に勉強する人!大歓迎! お問合せ
鳳凰中国語学院   梅田校  三宮校
HOME                          方針・理念 上達のヒミツ 求人情報  アクセス 梅田校三宮校  サイトマップ
       
個人向けメニュー
プライベートレッスン
グループレッスン
見学・体験
中国語一般コース
中国語集中コース
中国語専科コース
受講料
講師紹介
受講生の声
入学までの流れ
スクール活用法
学習のヒント
よくある質問Q&A
資格・検定
イベント
法人向けメニュー
講師派遣・企業研修
翻訳
通訳
 

中国語会話上達の5か条

一、音で暗記する。
二、翌日、必ず復習する。一週間後、もう一度復習する。
三、繰り返しが何よりも大事。
四、できれば毎日中国語を音読みしましょう。
五、自分なりの楽しみ方を見つけ、勉強しましょう。


 鳳凰でご提供するレッスンは,
「外国語を身につけるためには、たくさん聞き話すことが大切」
という考えに基づいています。これから受けるレッスンをより充実したものにするために、まずは以下のことを心がけましょう。


一、恥ずかしがらずに出来るだけ中国語で話し続けましょう。

@日本語を使わない環境で生活することが外国語を習得する一番の近道です。
レッスン中は、できるだけ日本語を使わないで頑張ってみましょう。

Aレッスンではいろいろな話題についてコミュニケーションすることを目的としています。自分にとって興味のあることや、経験、意見などを、恥ずかしがらずにどんどん話すようにしましょう。

二、ノートはいつも手元に準備しておきましょう。

上達のために、新しく出てきた単語や文法などをノートに書きとめておくことをお勧めします。また、レッスン中にリスニング問題の答えなどをノートに書いて頂くことがあります。 

中国語学習の順序


まずは、以下の順序で確実中国語を身につけていきましょう。

@ しっかりと文法と発音を身につける。
A 単語力をアップする。
B 教室で会話を、家で読み書きを中心に学ぶ。

使える中国語を身につけるための新しい学習法
 何年もかけて学んできた中国語が、現場で使い物にならない。
「知っている」はずの中国語が「使えない」。そのような悩みを持っていませんか?
 1)発音を正確にできないままに中国語を学んではいませんか?
 2)文法を無視し、丸暗記だけに頼って学んではいませんか?
 3)会話ではなく、読み書き中心に中国語を学んでいませんか?

(究極の方法 その一)
★同じ教材で繰り返し練習して仕上げる

             同じ教材でしつこく勉強する学習アプローチについて、始めてのうち疑問や不安を感じる人が多いようです。

 永遠にこのアプローチの勉強をするのではありません。ただ、最低一度、あるいは定期的に、こうしたていねいな弱点克服と正しい中国語理解のフォーム強化の勉強をすることは、非常に重要だということです。

 この学習法のポイントは、初めて聞くものを一回で聞き取れるかどうかの「実力試し」をすることではありません。

 この学習法でしようとしているのは、「実戦で聞き取れる」ための「中国語の正しい処理方法」を繰り返し練習して、自分のものにしてしまうことです。ですから、「わかってしまっている教材」「覚えてしまっている教材」でやって構わないのです。「わかっている」「覚えている」というのは、まだまだ頭での「知的」な理解なのであって、「わかっている」ということと、それが「常に出来る」こととの間には大きな隔たりがあります。
 
 だからこそ、「正しいフォーム」をしっかりと理解した「覚えている、わかっている教材」で繰り返し練習して、いつでも使える「自分のもの」にする最後の一歩までしっかりとしあげることが重要なのです。


(究極な方法のその二)
シャドーイング

シャドーイングのやり方

シャドーイングのやり方自体は極めて簡単です。テープの中国語を聞きながら、ほぼ同時にその中国語を自分で言いながら、「影」のようについていく作業です。一文が終わってから、テープを止めて中国語を再現するリテンションとは異なります。

シャドーイングは、意味がわかっている同じ教材を、くり返し練習する。
シャドーイングは、毎回、明確な目的をもって行う。


中国語教室の鳳凰中国語学院
【教室一覧】 中国語教室 大阪 梅田 神戸  三宮   

Copyright (C) 2004 phoenixchina academy. All rights reserved.