WeChat Pay 微信支付|中国語教室なら大阪・梅田や神戸・三宮にある【鳳凰中国語学院】

中国語教室 大阪梅田 神戸三宮 中国語会話 中国スクール 中国語専科 短期集中講座 ビジネス中国語 企業研修・講師派遣 中国語検定・HSK 中国語通訳翻訳
真剣に勉強する人!大歓迎! お問合せ
鳳凰中国語学院   梅田校  三宮校
HOME                          求人情報  アクセス 梅田校三宮校  サイトマップ
       
個人向けメニュー
プライベートレッスン
グループレッスン
見学・体験
コース一覧
受講料
講師紹介
受講生の声
入学までの流れ
スクール活用法
学習のヒント
よくある質問Q&A
中国語検定・HSK
イベント
法人向けメニュー
講師派遣・企業研修
中国語翻訳
中国語通訳

 

  WeChat Payとは中国でSNS「WeChat(中国版Line)」を運営するテンセント社が展開するモバイル決済サービスである。カード決済のような面倒な手続きは必要なく、画面にタッチするだけで、支払いが即完了する。支払いの場面は多岐にわたり、交通移動、共同購入や出前、飲食、コンビニ、オンラインショッピングでの使用が多い。

 2015年5月5日、カルフール中国とWeChatPayは深?で戦略連携発表会を行った。カルフール中国は、広州、深?の13の支店で初めてWeChatPayを導入した。2015年9月25日、WeChatPayとマクドナルド中国が提携契約を締結した。

 2016年3月1日よりWeChatPayで累計1000元以上現金化する際に、手数料を一律0.1%徴収することになった。

 2018年5月8日、WeChatPayは周黒鴨(鴨肉加工食品の小売店)と提携して、全国初の自動化飲食店「周黒鴨&WeChatPayスマート店舗」を深?南山区で正式に開業した。このようにWeChat Payの利用範囲は日々拡大を続けており、日本を含め20の国と地域で使用できる。

 今後現地の業者が中国人旅行客にさらに充実したサービスを提供できるようサポートしていく。  WeChaPayの在中外国人ユーザーについて公式発表によると、「キャッシュレス生活」は在中外国人ユーザーにも大きな影響を与えた。10人の在中外国人のうち6人がWeChatPayを使用している。尚、外国人は中国で銀行カードを開設してからでないとWeChatPayを使用できない。外国人が使用するには、事前にパスポートと中国の銀行カードでの実名認証が必要である。中国内のすべての銀行カードが使えるわけではないので注意が必要だ。






Copyright (C) 2018 phoenixchina academy. All rights reserved.